Home-Funeral

急な事態に備えておこう|葬式の基礎知識を徹底解説

葬儀に不安を感じたら

要望に応じたサービス

蝋燭

思わぬ身内や親族の不幸があり、いざ葬式となると何から手をつけていいのかわからなくて不安になる人も多いです。そんなときは柏原の経験豊富な葬式会社に相談してください。柏原の実績ある葬式会社ではご遺体の安置や用意する品物や葬儀の進め方から、火葬まで親切丁寧にサポートしてくれます。ただでさえ身内の不幸があると精神的なストレスが大きいのに、そのうえ葬式の準備まで行うのはつらいものがあります。しかし柏原の葬式会社なら遺族の立場に立って、肌理の細かいアドバイスをしてくれるので心強いのです。また柏原の葬儀会社では依頼人の希望に応じて、いくつかの企画を用意しています。シンプルで火葬に特化した葬儀から、霊柩車や参列者のための移動バスの手配まで予算と希望によって葬式を行うことができます。また普段お寺との交流がなく、どのお坊さんに頼んでいいかわからない人もお寺の紹介もしてくれます。さらに仏教以外のほかの宗派も大丈夫です。柏原の葬式会社は、料金も明確で曖昧なところがないので安心して依頼できます。あとからいろいろと名目をつけて追加料も請求されることがなく、良心的にサービスを提供してくれます。さらに葬儀の場所についても遺族が都合のいい場所を選ぶことができます。柏原の葬式会社では専門のスタッフが常駐していて、早朝から深夜まで年末年始でもいつでも連絡を取ることができます。葬式についてどんな些細なことでも親切に相談にのってくれます。

余裕があるうちに準備

女の人

身近な人の葬式をあげるのは、人生で何度もあるわけではありません。そして、自分自身の葬式は一度きりでその場面に携わることはできません。また、死について考えるのは不吉なこととイメージする人が多く、何もしないで葬式の当日を迎えるという人も多くいます。ですが、実際は大きなお金が動くことであり、知識も準備もないままでは何となくで大きな出費をすることにもなりかねません。また人の死は相続のスタートであり、葬式準備にあわせて相続関係の様々な手続きもスタートさせることになります。これらの手続きはすべて同時に発生するので、多くの人はパニックになってしまいます。こうした事態を避けるために、生前から準備しておくのがおすすめです。特におすすめなのはファイナンシャルプランナーに相談しておくことです。柏原には葬儀関連に精通したファイナンシャルプランナーも存在します。ファイナンシャルプランナーはマネードクターともいわれるお金の専門家です。相続に関係することも専門分野であり、それにあわせて葬式のことに詳しい人も増えています。行政書士や弁護士に依頼するほどでもないちょっとした手続きや手伝いをしてもらいたいとき、疑問点を解消したいときなどにも便利な存在です。柏原で依頼するときは、タイミングも重要です。柏原にいるプランナーに依頼するのなら、死後すぐなどの慌ただしいときでも間に合いますが、柏原以外に住む人に依頼するのなら早めに相談しておかないと手続きが煩雑になります。市内でも早めの方が余裕があるので、生前から準備をしておくのがおすすめです。

故人の遺志に合わせます

メンズ

突然訪れる家族の訃報に、葬式の知識を事前に持ち合わせていないとすぐに対応できません。柏原にある葬儀社では、故人や家族の意向に合わせてさまざまな葬式を執り行うことができます。親族や親しい人を集めて行う一般葬もあれば、遺族だけで家族葬を行う場合もあります。形式も仏式や神式、故人の生前信仰していた宗教によっても葬式の形態が大きく異なっていきます。菩提寺があればそちらに問い合わせる事で細かな宗派の内容を確認できたり、親族に故人の宗派を知れべてもらうことで葬式の形態を決めましょう。柏原で遺族だけで葬式を行いたい場合には、親しい人に訃報を伝える際、家族葬を執り行うため参列をお断りしている点や、香典や供花を辞退する旨を伝えて相手に失礼のないように対応しましょう。柏原の葬儀社では家族葬の場合の対応の仕方を細かく教えてくれます。一般葬の場合、弔問客に対して受付や通夜料理のもてなし、返礼品の用意などさまざまな対応に忙しくなります。喪主は友人や親戚に手伝いを依頼するケースが多くあります。それに対し、家族葬では参拝する人がいないため慌ただしく対応する時間を家族との別れの時間に費やすことができます。終活として柏原の葬儀社へ生前にどのような葬儀を行ってほしいか自分で決める人もいます。納骨場所を見つけたり墓石を生前に建てる事で子供や親戚に負担を掛ける事が少なくなります。柏原の葬儀社では自分の人生を整理するための相談も承ってくれます。